記事一覧

第12回供米田(くまいでん)中学校区地域防災大会をお手伝いしました

平成28年10月22日(土)、当社が企画・運営を担当する地元名古屋市中川区供米田(くまいでん)中学校区の地域防災大会が開催されました。
今年で12年目となる大会には朝から地元の皆さんを中心に約400名が集い、公助・共助・自助それぞれの出展ブースで活発に体験・交流しました。

ファイル 153-1.jpg
ファイル 154-2.jpg

正午前には中学校の運動場で地元の2つの消防団による合同放水訓練が披露され、いざという時の共助力の高さがアピールされました。

ファイル 153-3.jpg
ファイル 153-4.jpg

続いて「本邦初」と題して「炊き出しバイキング試食会」が行なわれ、中・高生や子ども会・婦人会の皆さんによる炊き出しと各種おにぎりが並べられ、参加者たちが舌鼓を打ちました。

ファイル 153-5.jpg
ファイル 154-1.jpg

午後からはレスキューストックヤード・浦野さんによる「シェイクアウト訓練」と「熊本地震被災地支援活動報告」に続き、名古屋大学減災連携研究センター・福和先生による「熊本地震から当地への教訓」と題した講演が行なわれて、一同真剣に耳を傾けました。

ファイル 154-3.jpg
ファイル 154-4.jpg


今年は例年とは違う趣向で医師会・歯科医師会・薬剤師会とも共催し、後半は医師らによる各種災害訓練に参加するという充実した一日となりました。

ファイル 153-2.jpg
ファイル 154-5.jpg

当社は本業を通してハード面の災害への備えや発災後の復旧活動で貢献するだけでなく、平時の地域の共助力向上にもお役に立ちたい願ってこの大会を支えてきました。今年の大会を無事終了して、以前よりはるかに地域の顔が見える災害に強い地区になってきたとの想いを強く抱いています。

平成28年10月22日(土)第12回供米田中学校区地域防災大会を開催!

ファイル 151-1.jpg
※クリックするとPDFが開きます。

今年の大会は医師会災害訓練との共催のため
開催時間帯が例年とは違います。
案内チラシをご確認の上、
奮ってご参加ください!

第11回地域防災大会を開催しました

さる10月23日、当社本社のある名古屋市中川区供米田(くまいでん)中学校区の地域防災大会を開催しました。
この大会、今年で11年目を迎えて、今では地域の目玉行事に成長し、参加者は450名を超えました。

ファイル 131-3.jpg
※クリックするとPDFが開きます。
エコ&地域防災活動レポートにも掲載しました。

毎年、違うテーマと内容で実施してきましたが、今年は「ミステリー地域防災大会」と銘打って、当日の参加者全員で「避難所運営体験」を行いました。

ファイル 138-1.jpg

ファイル 138-2.jpg


最初は戸惑った表情だった地域の皆さんも、段ボールで間仕切りやペットを作るうちにいつしか打ち解けて、声を掛け合い協力して取り組んでくれました。
そのほか仮設トイレの組立てや、応急看護の体験なども行いましたが、難しいと想像していた活動が盛り上がり、簡単すぎると考えた活動がうまくいかないなど、やってみて初めてわかることが多い意義ある体験でした。

ファイル 138-3.jpg

避難所体験に続いて、名古屋大学減災連携研究センターの福和先生によるわかりやすい講演を全員で聞き、そのあと運動場に移動して地元消防団の放水訓練、高校生が主体となって取り組んでくれた炊き出し試食会を楽しんで、無事終了しました。

ファイル 138-4.jpg

ファイル 138-5.jpg

例年ご協力いただいている自治会や地元企業の皆さん、災害ボランティア団体の皆さん、消防署・警察署・土木事務所・区役所・市役所各局等々、ありがとうございました。
なお、この大会の記録は、追って報告書をアップいたします。

最近の主な地域貢献活動のご紹介[防災]

平成27年5月10日
「防災デイキャンプin戸田川緑地」に協力しました

今年2回目となる戸田川緑地での「防災デイキャンプ」(なごや防災ボラネット主催)に協力して、「働く車体験コーナー」と「土のう体験ゲーム」などの企画・運営を担当しました。

ファイル 134-1.jpg

ファイル 134-2.jpg

ファイル 134-3.jpg


平成27年6月11日
愛知県犬山市で地域防災の事例発表をしました

「<自助・近助・縁助>から生まれる新しい<公助>のかたち」と題する地域防災活動の事例報告を犬山市の「危険物研修会」で実施しました。


**

第10回供米田(くまいでん)中学校区地域防災大会が開催されました!

 晴天に恵まれた平成26年10月25日土曜日朝から、当社の貢献活動の看板行事である地域防災大会が盛大に開催されました。
 この大会は10年前に「年に一度、地域全体で安心安全の知識と技を学び、共助力を増強する行事を」と当社が考え、取り組みを始めました。現在は2つの小学校区の地元組織が主催者となり、当社は企画・運営のサポートを担当しています。
 今年は節目となる10回目の大会。運営に協力してくださる行政や地元企業・団体・個人も増えて、多彩な防災・減災体験が可能になりました。
 そこで、各出展ブースでそれぞれ来場者と大いに交流していただく時間を多く取り、あわせて恒例の名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫先生の基調講演や災害ボランティアNPOの雄であるレスキューストックヤードの栗田代表と浦野常任理事によるシェイクアウト訓練指導などの一斉行事も盛り込みました。
 参加者はおよそ500人。今年は特に地元中学生・高校生の活躍が目覚ましく、地域の防災力アップを予感させる嬉しい光景でした。
 以下に画像を掲載して今年の大会の様子をご報告しましょう。

ファイル 124-1.jpg
参考までに、これが第10回大会の催事チラシです。
※クリックでPDFが開きます。

ファイル 124-2.jpg
大会準備は前日夕方から始まります。会場は地元の供米田中学校です。

ファイル 124-3.jpg
大会当日、朝8時半頃から参加者が続々と受付にやって来ます。

ファイル 124-4.jpg
今年の炊き出し体験は地元中学生と高校生が中心となって担当してくれました。

ファイル 124-5.jpg
ブース活動でも今年は中学生・高校生が大活躍です。

ファイル 125-1.jpg
ファイル 125-2.jpg
運動場では木造家屋の耐震実験や放水訓練など、盛りだくさんの参加型の活動が用意されました。

ファイル 125-3.jpg
格技場では避難所体験も。

ファイル 125-4.jpg
福和伸夫先生の防災講演は中学生たちにも毎年大好評です。

ファイル 125-5.jpg
陸前高田市に支援活動に出かけた中学男子の体験発表に真剣に聞き入る参加者の皆さん。

ファイル 126-1.jpg
多くの皆さんが体験してくれた土のう積み作業。

ファイル 125-6.jpg
毎年楽しみな炊き出し試食会。今年のメニューは二種類のシチューと焼き立てパンで、「美味しい!」と評判でした。

ページ移動